ジェルネイルの人気が広がる一方で、ジェルネイルによるトラブルが増えています。


ジェルネイルによるトラブルは、ネイルサロンよりも自分でジェルネイルをする人に多く見られるようです。自分でジェルネイルをする以上、どのようなトラブルがあるのかを知り、予防策をとる必要があります。


スポンサーリンク


知らないと危険なジェルネイルの注意点

ジェルネイルは爪のオシャレだけでなく、自爪に厚みを出して補強できる点も人気の理由なのですが、ジェルネイルをオフするときに気をつけないと、逆に自爪を薄くしてしまうことをご存知でしょうか?


本来は専用の溶液で溶かすか削るという方法でジェルネイルをオフするのですが、無理矢理はがそうとする人がいます。


そのため一緒に爪の表面もはがれて自爪が薄くなってしまい、ひどい場合には自爪が爪床からはがれて内出血が起こる場合も……削る場合でも削りすぎには注意が必要です。


ジェルネイルは自爪を補強する役目もあるのに、このようなことになっては台無し。ジェルネイルは丁寧にオフするよう心がけましょう。


グリーンネイルと呼ばれる爪のトラブルにも注意が必要です。グリーンネイルとは、緑膿菌という細菌が繁殖し爪が緑色に変色した状態のことを言います。


自爪とジェルの間にできた隙間に水分が溜まり、それをそのまま放置して細菌が繁殖することが原因です。


グリーンネイルは皮膚科での治療が必要で、もちろん完治するまでネイルの施術はできません。繁殖した緑膿菌は他人にもうつり、免疫力が低下している場合は二次感染を引き起こしてしまい危険です。


自爪からジェルが浮いてしまうことをリフトと呼ぶのですが、このリフトの原因はジェルネイルを塗る前の処理にあります。


サンディングのカスが残っていたり、自爪表面の油分除去が悪かったなど、これらがリフトの大きな原因になります。ジェルネイル前の処理をきちんとし、プライマーと呼ばれる接着下地を塗ってリフトを防ぎましょう。


それでもリフトしてしまったら早めにオフして、細菌の繁殖を防いでください。


突然起こるかもしれない意外なトラブル

最近ではジェルネイルによるアレルギー反応に悩まされる人もいるようですね。主な症状としては赤み、痒み、水泡が指にできるといったものです。


ジェルネイルを完成させるには多くの化学物質を使うことになりますが、もともと肌が弱い人や手の乾燥がひどい人は、ジェルネイルを続けていると突然アレルギーを発祥する可能性があります。


ですがこれらのアレルギー反応が出たからといって、ジェルネイルができなくなるわけではありません。ジェルネイルを一時中断して手と爪を休ませ、ひどいようなら皮膚科へ行って治療するようにしましょう。


アレルギーの対策として、皮膚にジェルやプライマーを付着させないよう気をつけたり、頻繁にネイルチェンジしなければリスクを軽減できます。

ジェルがリフトしないよう丁寧にすることや、長持ちするデザインにすることも予防策になりますね。


これだけのトラブルが実際に起きていることを知ると、ジェルネイルが怖くなるかもしれませんが、本当に危険なものなら規制や禁止されているはずです。

原因を知り少し注意するだけで、トラブルは防ぐことができますので、ぜひ健康的にジェルネイルを楽しみましょう。


スポンサーリンク


QLOOKアクセス解析